谷町長屋洋館の再生

大阪市中央区

老朽化の激しかった洋館風の長屋は「変えないデザイン」をテーマに改修

全体のフォルムは変えずに、長屋の特徴である間口が狭く

奥行きの長い空間をそのまま生かした1室空間とすることで

使い手が状況に応じて空間を分節しやすくした。

2階は既存の梁も出来るだけ見せることで、昔の名残りを見せつつ、天井裏を取り払った大空間とした。

外観は洋館風の連層窓と、時を重ねて良い風合いになったモルタル仕上を積極的に生かした。

外から見れば一見するとほぼ変わっていないようなデザインではあるが

まちの人からも愛着のある長屋であるので

変わらないデザインのまま大切に使い続けていける長屋となった。

管理・運営

燈

リンク

惣

萌

倶楽部

直木

狭山

最新情報

最新情報
◯ 長屋、町家募集!!
六波羅真建築研究室では、日本の伝統文化である長屋や町家を、改修だけでは無く新たな役割を担う事による再生を行なって来ました。
又、それが単なる模型にならない様、その地域の活性化にも取り組んで来ました。
そんな事もあり六波羅真建築研究室では長屋や町家を残していくために募集しております!

SNS